ゆとりのある廊下のある病院

私は、最近の病院に付いて廊下がとても広く感じると思っています。
そしてそのことは、とても嬉しいと思っているのです。

それは、以前に骨折をした時に、入院をしていたところでは、廊下が狭かったので、車椅子で移動をするときに、苦労をしていました。
ほかのものが通過するのを待ったりして、気を使う事が多かったからです。

そのため、廊下が広くなっていることで、患者さんにとってはとても安全に利用する事ができると思っています。

また廊下が広いということは、開放感を感じる事ができるのです。
廊下に出た時に、その広い廊下を見ることによって、狭い病室と違って、気持ちよくなる事ができます。

またそのことは、患者さんたちだけではなくて、病院で働くスタッフにとっても、働きやすいと思っています。
それは廊下が広いことによって、ものを移動させたりする事が楽だからです。

もしも患者さんが歩いていたり、車椅子を利用している時でも、心配する事なくすれ違う事ができます。

ですから、スタッフにとっても廊下が広いということは、働きやすい病院であるとおもう事ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加