病院選びは慎重に自己判断で!

私は虚弱体質なのか、それとも健康オタクのためなのか、何か体調の不良が見つかると、不安ですぐに病院に行ってしまうことが多いです。

そんな人が多いためか、それともよくニュースで耳にする高齢者の方々がおしゃべりなどの集いの場所として病院を使っているためか、どちらもあまりよろしくはないと思うのですが、結構病院はいつも混んでいるイメージが強いです。

たぶん私のように、すぐに何かあれば病院に行ってしまうものが、医療費をどんどん上げていってしまっていると思うので自粛しようとは思っております。
それにしても、混んでいる病院全てとはいいませんが、結構いい加減なお医者さんもいることは否めません。
椎間板ヘルニアで、整形外科に通っていた時期があり、しばらく病院に行く機会が空いた時期があったのですが、痛くなったので半年振りに行ったときの話しです。
私の前に診察を受けていた患者さんが退出された後、すぐに私が呼ばれました。
当然カルテを見る時間も無かったはずだし、見る素振りも無く仰向けになって足を上に上げるように医者に言われました。
すると、なじみの深い病院でもなく、先生ともそれほど話したこともないのに、そして私のカルテは見た様子も無いのにもかかわらず、「だいぶ足が上がってきましたね。だいぶ良くなってきていますよ」なんて言ってきました。
先生!絶対私の半年前の足がどれだけあがったかなんて覚えていないでしょうと正直思いました。
それで先生の診察は終わり、「じゃあいつものリハビリやって行ってください」との回答です。
私はいつも来ているわけでもなく、リハビリも数回しかやっていません。
こんな先生もいるから、病院選びは慎重にしたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加