NO IMAGE

痛恨の極み、まさかの痛風とお付き合い。

もう7~8年程前に成るのですが、上司と営業中にどうも左足の甲がむず痒く成りました。 駐車場に車を置いて繁華街を歩いていたのですが、やがてズキンズキンと変化して来ました。更に、ドゴンドゴンそして気が遠く成るほど痛く成り、脂汗が滲みだしてきたのです。 訳が分からないのですが、すでに歩行困難に成った為、上司に早退の許可をもらい何とか車で病院へ行きました。 先生に診て貰った所、すぐに痛風

記事を読む

NO IMAGE

病院選びは「評判がいい」か「自分に合う」か

結婚し子供ができ、医療にかかわることが多くなりました。 それまでは病気といえば風邪をひく程度のもので、市販薬を飲んで寝ていればすぐに治るような「超」がつくほどの健康体で医者のお世話になることなんて滅多にありませんでした。健康保険証を使うのは歯科医院にかかるときぐらいのものです。 それが出産で激変。 まず産婦人科にかかります。産婦人科医師とのかかわりができました。 定期的に通

記事を読む

NO IMAGE

初めて大学病院に行ってきました。

大学病院って名前だけ聞いたことがあったり、テレビドラマ上の話であったりして、近所に大学病院がないのですごく遠い所であり、自分が行くとは思ってもいませんでした。 しかし自分の子供に障害の疑いがあったため近所の小児科や総合病院ではなく、離れたところにある大学病院に行くことになりました。 いつもの病院に行く時はTシャツにジーパンなどラフな格好でいくのですが、大学病院に行くのだから変な格好はマ

記事を読む

NO IMAGE

地方都市における精神科医療について

6年前から地元の精神科に通院しています。 私は地方の県庁所在地に住まいがあるので、車で15分程度で病院に着くことができます。 ネットの掲示板などを見ていると、精神科・心療内科に通院したいのだが、良い病院が見つからない、良い病院はあっても場所が遠くて困る、といった書き込みを多く目にします。 書き込みをした人々は、みなさん地方の市町村にお住まいで、中には重篤な症状の方もおられます。

記事を読む

NO IMAGE

病院に入院して初めて医師の多忙さを知る

入院設備のある総合病院などでは、朝の診察開始時間になってもなかなか医師が現れず、早い時間から順番待ちをしている患者がけっこうイライラしながら待っています。 そんな時に時間に遅れて医師がゆっくりと診察室に入って来るのを見たら、それが5分や10分の遅れだとしても、待っている患者の中にはブツブツ文句を言う人も出てきます。 「早い時間からずっと順番取りをして待っている患者のことも考えずに遅れて

記事を読む

NO IMAGE

熱を出して病院に行った時の子供の医療費

小学1年の息子が熱を出し、小学生になって始めて病院に行きました。 診断は風邪で大きな病気ではなかったのですが、会計で医療費が高い事に驚きました。 今までは保育園児だったので、医療費は無料でした。子供の病気は怖いので、頻繁に病院に行っていました。 小学生になり、医療費がかかるようになったことは知っていましたが、3500円も医療費がかかるとは知りませんでした。 そのほか薬代もかかります

記事を読む

NO IMAGE

医療事務として働くことで得たやりがい

総合病院で非常勤職員として医療事務をしていたのですが、ドクターや看護師さんとのコミュニケーションを大切にしてるとこのような時はどう対処するのが適格かを聞けたり、またそれを実践していくと信頼度が上がります。 信頼される事は自信に繋がりますし、患者さんから頼られるのも勤務していると嬉しい出来事です。 マニュアル通りに動くのは簡単ですが、患者さんの状態によっては違う対応が必要になる事はよくあ

記事を読む

NO IMAGE

ゆとりのある廊下のある病院

私は、最近の病院に付いて廊下がとても広く感じると思っています。 そしてそのことは、とても嬉しいと思っているのです。 それは、以前に骨折をした時に、入院をしていたところでは、廊下が狭かったので、車椅子で移動をするときに、苦労をしていました。 ほかのものが通過するのを待ったりして、気を使う事が多かったからです。 そのため、廊下が広くなっていることで、患者さんにとってはとても安全に利用す

記事を読む

NO IMAGE

待合室が広い病院は嬉しい

私は今までに、いくつかの病院を受診した事があります。 そしてそのいくつかの病院で感じた事の中に、特に嬉しいと思ったのは、待合室が広い病院です。 病院を受診をするということは、ほかの人に知られたくないないこともあります。 しかし、そんな時に限って知り合いにあってしまったりする事もあり、そんなとき、プライベートが少しでも保てるところがあればいいとおもう事があるのです。 そしてその時

記事を読む

NO IMAGE

病院のスタイルは変化する、医療事務員に求められるも

かつて病院というのは商売ではありませんでした。 医者は「お医者様」と言われお高く留まり、お医者様の言うことは絶対であり、治療法に患者が口を出すなんてことは無礼極まりない…。という時代がありました。 現在の病院。 医療は「サービス業」であるという考え方も定着しつつあり、医者の態度、ナースの態度、医療事務員の態度がクレーム対象になることは珍しいことではありません。 医療事務員はかつてこ

記事を読む

1 2