NO IMAGE

医療事務の窓口業務でよくあるトラブル

患者さんと一番接する機会が多いのが、医療事務の中でも窓口業務を担当する受付です。 ここでの対応が悪いとトラブルへと発展してしまいます。 例えば受付の順番です。 診察券入れに入っているカードを乱雑に扱い、順番が分からなくなってしまい適当に処理したら…。 患者さんは良く見ていますので、直ぐにクレームになります。 こういった事を防ぐ為にも、番号がふられたノートに患者さんご自身で名前を書

記事を読む

NO IMAGE

祖父の脳梗塞と救急医療体制について

先日の昼頃、私の母の元に老人ホームに入居している母方の祖父の右半身が麻痺していて言葉が出なくなっている旨の連絡がその老人ホームからあり、祖父は市民病院に救急搬送されました。 施設の方の発見が早かったのと、何らかの原因で一過性の脳梗塞が起こったのですが、すぐに血流が再開したため事なきを得て、1週間余りで退院し老人ホームに戻ることができました。 搬送されたのはすぐ近くの市民病院で、救急の専

記事を読む

NO IMAGE

病院で、私が十二指腸潰瘍とわかるまでの経過

私の症状は、胃のあたりのひどい痛みと吐き気でした、その繰り返しだったのです。 あまり病院など行かない私ですが、もう病院の先生に助けて頂くしか方法はないと思いました。 市内でも大きな病院を訪ねましたが、私がこれほど辛い思いをしていても、どこの病院も入院などさせてくれませんでした。 検査などはしてくれたりするのですが、私を楽な身体にしてくれる大きな病院は、なかなか、なかったのです。 そ

記事を読む

NO IMAGE

医療事務の仕事メリット・デメリットとは?

医療事務の仕事のデメリットと言えば、年末年始及びゴールデンウイークに休みを取るのが難しいことだと思います。 10日までにレセプトを提出しなければならないためです。 入院病床を持っていない外来だけの診療所や医院などで、例として年末年始は12月28日~1月5日まで休診だったとします。 その場合は、29日と30日の二日間位でレセプトを仕上げてしまえば後はゆっくり休めます。 入院がある医療

記事を読む

NO IMAGE

病院に行くとなるとかなり緊張します

私は高校生の時から病院に行くとなると緊張するようになりました。 それは何故そうなったのか、自分で分かっています。 高校生のある冬の日、雪が積もり、坂道で滑って転んでしまった事がありました。 腰を強く打ち、転んだ後も暫く立ち上げれないほど痛みを感じました。 でも、「ほっておいたらいつか治るだろう」と安易に考えていたのですが、1ヶ月以上経ってもなかなか腰の痛みが治まらなかったので、ようやく

記事を読む

NO IMAGE

入った瞬間に癒しを感じる事ができる病院

私はこの前、地元でもとても有名となっている病院にいくことになりました。 その病院にいくことになったのは、親戚の人のお見舞いにいくためでした。 以前から気になっていた病院なのですが、いく機会がなかったので、一度いきたいと思っていたところ、お見舞いで行くようになったのです。 そして、その病院は少し市内から離れたところにあるので、その点についても良いと思う事が出来ていました。 そ

記事を読む